京都紅葉

タイムウェーバーについて

2023年05月29日:タイムウェーバー

【タイムウェーバーの説明】

タイムウェーバーとは
タイムウェーバーは、物質的な領域だけでなく、目に見えないエネルギーの流れや周波数、感情などを分析するデバイスです。
他のエネルギー測定器では測れない意識やスピリチュアルな領域まで網羅し、問題に対して局所的・対症的ではなく統合的・包括的にアプローチします。

情報フィールドテクノロジー
タイムウェーバーは誰もが固有に持つ周波数を測定し、分析・調整するデバイスです。本体に組み込まれたクォンタムライト共振器が情報フィールドにアクセスし、あらゆる悩みや問題を分析します。そして、歪みの生じている事象を周波数で調整することで、その人を本来のあるべき状態に戻し、最適な人生を歩むサポートをします。情報フィールドは、例えるならインターネットのクラウドのようなもので、ひとり一人の過去と未来の情報がすべて存在している場です。
タイムウェーバーは次元のレベルに合わせた独自のアーキテクトを実装しており、動的な分析と調整が可能です。

タイムウェーバーのデータベース
タイムウェーバーが人を惹きつけるのは、様々な問いかけに対して的確な「答え」を導き出すことです。
タイムウェーバー分析では、まずクライアントの現在や望む状態に関する全情報が存在する情報フィールドにアクセスし、データベースの中でどの項目が関連度が高いかを調べます。
そして、関連度が高い項目のうち、最適な状態を妨げる要因になっているものに対して情報フィールド上に周波数を送り最適な状態に導きます。

的確な「答え」を導くために、600のカテゴリと100万を超えるデータが階層構造でカテゴライズされています(※製品モデルによって異なります)。
また、自分で独自のデータベースを作成してシステムに追加できることもタイムウェーバーの魅力の1つです

量子物理学と意識の影響
量子レベルでは、すべての出来事は確率によってコントロールされています。プリンストン変則工学研究所(PEAR)で行われたロバート・ヤーン教授とブレンダ・ダン氏の大規模な実験により、遠く離れた場所からでも、こうした確率は意識によって影響を受けることが明らかになりました。 意識は、外部の物理的な現実と内部の精神的な現実のどちらかに向けられているという二重の性質を持っているため、通常は「情報フィールド」に直接アクセスできません。スイスの心理学者C.G.ユングは、集合的無意識と呼ばれる地球規模の情報フィールドに、個人の無意識が直接交信していることを最初に認識しました。

科学と情報分野–歴史的概観
量子物理学の創始者の一人であるニールス・ボーアは、「量子物理学に衝撃を受けない者は、それを理解していない」と述べています。アーウィン・シュレーディンガー、カール・フリードリッヒ・フォン・ワイツゼッカー、ルパート・シェルドレイク、ハンス・ペーター・デュール、ロジャー・ネルソンなどの科学者たちは皆、“意識”が物質化のプロセスに直接影響を与える、という見解で一致しています。 そして、私たちタイムウェーバー社が「情報フィールド」と呼ぶ場を、心と物質が相互に作用する場、と説明しています。
しかし、私たちの多くは、量子物理学の意味を理解していませんし、その洞察を日常生活に役立ててもいません。ウィーンの著名な量子物理学者であるアントン・ザイリンガーは、世界で初めて光子の量子テレポーテーション実験に成功し、現実の最も基本的なレベルは物質ではなく純粋な情報であることを確認しています。 すでにマックス・プランクは「精神はすべての物質の基礎である」と述べています。また、デビッド・ボームやカール・プリブラムなどの量子物理学者は、心と物質をつなぐ「情報フィールド」について語っています。タイムウェーバーシステムは、この知識を利用するために開発されました。

タイムウェーバーの歴史
19世紀の終わりには、物理​​学、心理学、生物学の分野で当時の最高の科学者の間で独特の力学がありました。多くの将来のノーベル賞受賞者は、量子物理学と人間の精神の分野で研究を行いました。この時期に量子物理学でなされた画期的な新しい洞察は、少なからず重要でした。

したがって、たとえば、ノーベル賞受賞者のニールス・ボーアとエルヴィン・シュレーディンガーは、量子過程が物質と意識の間のインターフェースを構成することを早い段階で確信していました。このため、過去数世紀の発見と理論が改訂され、今日の科学の基礎である新しいパラダイムが仮定されました。現実は、最も深いレベルでは問題ではなく、情報です。このようにして、物質と精神の間の分裂の廃止が発足しました。

第二次世界大戦と量子物理学の直接の結果と見なすことができる原子爆弾の投下の後、量子物理学の形而上学的意味と物質と精神の間の統一の哲学的議論への科学的関心は終わりました。したがって、過去40年間のこの分野における膨大な知的および科学的発展は、突然終了しました。

その後の数十年間で、確立された科学コミュニティは主に技術開発と経済的側面に焦点を合わせました。このため、量子物理学と量子哲学、または意識研究は、1945年以来、科学のニッチな分野になっています。それにもかかわらず、献身的な科学者は、人類のための部分的に画期的な発見を続けています。心と物質の相互作用は、1980年代からこの分野で活躍しているマーカス・シュミークにとっても、この研究の多くの焦点でした。

物理学者のブルクハルトハイムとの出会い、そして彼の12次元の世界モデルの学習は、情報フィールド技術の開発を開始する決定的な推進力を与えました。2007年、さまざまな研究分野からの統合された研究と発見により、長年の個人的な研究の結果、マーカス・シュミークは、情報分野の技術を実用化し、情報分野とのコミュニケーションを可能にするシステムの開発に成功しました。

これがタイムウェーバーの誕生であり、新しい時代への入り口でした。物質と精神の間の相互作用についての長い間忘れられていた知識は、現在そして将来の人々のためにタイムウェーバーシステムによって実用化されています。